Research library

Displaying 31 - 40 of 65

Published:

ゴールド・デマンド・トレンド2014第1四半期

例外的な水準であった2013年に続き、2014年の金需要は堅調なスタートを切り、前年同期とほぼ同水準の1074.5トンとなった。宝飾品需要は緩やかな伸びを示したが、投資分野の減少と相殺された。金額ベースでの第1四半期の金需要は450億米ドルである。

Sectors: Investment

Published:

ゴール・ドデマンド・トレンド2013年年間

2013年は金宝飾品の需要が金融危機以前に迫る水準まで回復し、小型の金地金や金貨への投資が過去最高を記録するなど、「消費者の1年」となりました。年間需要は、3,756.1トン、金額ベースでは1,704億米ドルでした。しかし消費者需要の強さは印象的だったものの、上場投資信託(ETF)からの流出や中央銀行の金購入額が減少したことの影響が大きく、最終的に13年の年間需要は、好調だった12年通年の数値をトンベースで15%下回りました。

Sectors: Investment, Jewellery, Technology

Published:

2013年第3四半期

2013年7-9月期の金需要は868.5トンと、370億米ドル相当になった。ほとんどの国やセクターにおける需要は堅調であった。第2四半期に過去最高水準に達した消費者需要は第3四半期も堅調であり、年初からの累計では過去最高ペースに推移している。
例外は、金の現物を裏付けとするETF(上場投資信託)であり、第2四半期の402トンに続き、今期も119トンの流出となった。また、政府による規制介入が行われているインド市場では、前年同期比71トンの減少となった。中央銀行は引き続き、そのペースは減速しているものの、金準備を積み増している。

Sectors: Investment

Published:

ポートフォリオのリスク管理と金投資の役割

金には信用リスクが存在せず価値がゼロになることはなく、資産保全の中核をなす資産である。金の通貨性に着目すると、金は基軸通貨ドルと逆相関の関係にあり、通貨分散としての役割を担う事が可能である。伝統的資産と同程度の流動性を持ち、リーマンショック時においてもその流動性は保持された。また実物資産としての金は、インフレヘッジ機能が期待できる。金は債券や株式とは異なる新たなベータであり、通常時の分散効果に加え、テールリスク発生時においても、わずか数%の組み入れで、ポートフォリオ全体の損失抑制効果を発揮する可能性がある。
市場が複雑化し、世界経済が不安定化する中で、リスク管理の重要性はますます増している。ポートフォリオ運用に内在する様々なリスクを抑制する点において、金投資の意義を見出すことができるであろう。

Sectors: Investment

Published:

金と米国の実質金利:その実態を検証

実質金利は、金価格の動きを把握する枠組みを構築するうえで重要なポイントである。しかし、それがいつ重要かを認識することが鍵となる。金と米国の実質金利の関係は時として理論上、実践上において投資需要を牽引する要因となるが、複数ある要因の…

Sectors: Investment

Published:

ゴール・ドデマンド・トレンド2013年第2四半期

2013年第2四半期は、金にとって激動の四半期であった。一方で、前四半期から兆候のあった、あるセクターの需要増加が別のセクターの需要減少を相殺するという金市場独特の自律的均衡作用も顕著となった。本レポートでは、宝飾品に対する消費者需要の持続的回復、際立つインドと中国、投資分野の異なる投資家層による分散、西から東へのシフトについて解説する。

第2四半期の世界の金需要は856.3トン( 金額ベースで390億米ドル)で、前年同期比12%の減少となった。宝飾品分野は数年来の高水準を記録し、金地金・金貨の需要額は四半期ベースで過去最高を 記録し、金ETFからの流出分を相殺した。消費者需要は、中国とインドによって牽引され、中国・インドを合わせ宝飾品需要では60%、投資需要では50%を占めた。各国中央銀行の当該四半期の需要は71トンとなり、10年連続での買い越しとなった。一方、供給サイドは、リサイクルの減少により合計の供給量は前年比6%減の1025.5トンとなった。

Sectors: Investment, Jewellery, Technology

Published:

日本の投資家からみた為替リスクと金投資の役割

五分位分析および相関分析により、ドルの主要通貨に対するリターン(円、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、加ドル)と金価格のリターンは、分析期間およびそのサブ期間(金価格混乱期、金価格低迷期、金価格上昇期)すべてにおいて、逆の動きをすることを確認した。このことは、日本人投資家を含む世界の投資家にとり、金がドルのヘッジとして有効であることを示唆している。
また、日本の投資家を想定したシミュレーションにおいて、主要外貨だけを持つポートフォリオに金を5%加えることで、リスク・リターンが改善する結果を得た。通貨分散の手段としての金投資の効果を確認した。

Sectors: Investment

Published:

ゴール・ドデマンド・トレンド2013年第1四半期

1四半期において、金宝飾品、金地金・金貨の需要は大幅に回復したが、全体の需要は13%減となった。ETFからの流出が減少の大半を占め、この分を除けば全体の需要は前年同期よりも増加した。インドと中国の両市場では、宝飾品と金地金・金貨の両方で少なくとも20%の需要増加となり、再び成長のけん引役となった。中央銀行の需要は、7四半期連続で100トンを超えたが、例外的なペースで購入が進んだ2012年通年と比べると、やや減速している。テクノロジー需要は、ボンディングワイヤ需要がさらに減少し、歯科用途需要の縮小が続いたことから減少した。

Sectors: Investment, Jewellery, Technology