2014 年第3 四半期の世界の金需要は インド・米国・英国の堅調な宝飾品需要が目立つ

Published

Categories: Supply and demand, Jewellery, Investment, Technology, Reserve asset management

Related documents 1

1 Available in .

ワールド ゴールド カウンシルがまとめた最新の『ゴールド・デマンド・トレンド』によると、2014 年7~ 9 月期の世界の金需要は、929 トンとなり、前年同期比で2%減少しました。

宝飾品向けの総需要は534 トンとやや下がり、例外的な高需要水準となった2013 年同期比で4% 減少しました。やや長期的な視点から見ると、2014 年第3 四半期の宝飾品向けの需要は、平均四 半期需要である527.6 トンをわずかに上回っています。2014 年1 月~9 月の需要量は、需要が落 ち込んだ2009 年以降、引き続き幅広い上昇傾向を示しています。

全体的数字を振り返りますと、2014 年第3 四半期のインドにおける宝飾品向けの需要は、前年を 60%上回り、183 トンとなり、同国で2 番目に高い第3 四半期となりました。この上昇は、前政府が輸 入規制を導入し、輸入関税を引き上げた昨年の第3 四半期における需要後退を反映した面もあり ますが、同国の金宝飾品に対する欲求の回復を示すものでもあります。消費者の国内経済に対す る自信の回復と、新政府に対する信頼が、積極的な気持ちに加わり、ディワーリ祭の準備期におい て強い購入姿勢が見られます。

2014 年第3 四半期の中国の宝飾品需要は、前年を39%下回りましたが、2012 年第3 四半期およ び5 年間の四半期平均とほぼ同水準でした(それぞれ148.2 トンと154.9 トン)。一方、米国と英国 では、持続する景気回復に支えられ、宝飾品需要は堅調でした。米国の宝飾品需要は前年を4%上 回り、34 トンとなり、2009 年以降最も高い第3 四半期となりました。英国の宝飾品需要は、5 四半期 連続で前年を上回りました。

2014 年第3 四半期の総投資需要(金地金およびコインへの投資と上場投資信託(ETF)投資を合わ せたもの)は前年同期から6%増の204 トンでした。しかしながら、金地金およびコインへの投資は 21%減の246 トンでした。これは、昨年未曾有の消費者需要の上昇が生じた後の、正常レベルへの 調整を反映するものです。2014 年1 月~9 月のETF の流出は、前年同期が699 トンであったのに 対し、84 トンに止まりました。2014 年第3 四半期の金地金およびコインへの需要は、10 年間の四 半期平均である240.6 トンに極めて近いものでした。2008 年の金融危機以前の欧州の金地金およ びコインへの需要が無いに等しかったことを考えると、この需要は注目に値します。

ワールド ゴールド カウンシルのインベストメント・ストラテジー、マネージング・ディレクターのマーカ ス・グラブ(Marcus Grubb)は以下のように述べています。
「今四半期の市場は、例外的な年となった2013 年以降、引き続き自信を取り戻し、中国は一息つい たものの、インドではディワーリ祭の準備期における購買が宝飾品購入を牽引しました。今四半期 のインドおよび中国の数字は、例外的な四半期となった昨年を支えた要因を理解する必要性を強め ています。2013 年にインドは前政府が課した輸入制限と輸入関税の引き上げの影響を受けました。 一方、中国では昨年四半期の例外的な購入が2014 年の購入パターンを形成しました。

宝飾、投資、各国中央銀行、およびテクノロジーに対する、長期的な需要は引き続き堅調かつ多様 性に富んでいます。世界中の人々が様々な時期に様々な理由で金を購入し、金市場特有のバラン スの取れた性質を表しています。リサイクル量が7 年連続して減少し、金産出量も今後ますます抑 制が予想される中、物理的な金需要の見込みは引き続き堅調です。」

各国中央銀行による2014 年第3 四半期の金購入量は93 トンで、15 四半期連続で金を買い越し ています。2014 年1 月~9 月の各国中央銀行の金購入量は、前年同期が324 トンであったのに対 し、335 トンとなりました。これは米ドル離れによる継続した分散化、地政学的緊張が続いていること など、さまざまな要因によるものです。

テクノロジー関連の需要は、産業界が引き続き技術的用途に代替材料の使用を進めているため、 トンと前年同期を5%下回りました。

2014 年第3 四半期の総供給は前年同期から7%減少し、本年前期の金供給を取り巻く幅広いテー マが、引き続き見られました。金産出量は安定化しましたが(1%上昇し812 トン)、リサイクル量は相 当減少し、807 トンであった2007 年以降、最低の年となりました。

このレポートのポイントは以下のとおりです。

  • 宝飾品の需要は引き続き金需要の最大の構成要素であり、全需要の半分以上を占め、 534 トンと前年同期比で4%減少しました。宝飾品の需要はインドが後押しし、183 トンと60% 上昇しました。英国および米国の宝飾品需要も引き続き堅調です。中国の宝飾品需要は、 宝飾品市場が昨年の例外的な高需要以降一息ついたため、147 トンと39%減少しました。
  • 各国中央銀行による2014 年第3 四半期の金購入量は93 トンで、前年同期比を9%下回っ たものの、15 四半期連続で金を買い越しています。
  • 総投資需要(金地金およびコインへの投資とETF への投資を合わせたもの)は6%上昇して 204 トンとなりました。しかしながら、未曾有の需要レベルを経験した昨年に比べ、金地金お よびコインに対する需要は21%低下し、2013 年第3 四半期の312 トンから2014 年第3 四 半期は246 トンとなりました。ETF からの流出は、前年同期が120 トンであったのに対し、今四半期は41 トンでした。
  • テクノロジー関連の需要は、産業界が引き続き技術的用途に代替材料の使用を進めてい るため、98 トンと前年同期を5%下回りました。
  • 総供給は前年同期から7%減少して1,048 トンとなりました。金産出量は1%とやや上昇して 812 トンとなりましたが、金のリサイクル量は引き続き減少し、前年同期を25%下回り、250 トンとなり、2014 年1 月から9 月までの総供給量は2007 年以降最小レベルとなりました。

2014 年第3 四半期の金需給データ

  • 2014 年第3 四半期の金需要は929 トンで、前年の953 トンを2%下回りました。
  • 各国中央銀行の買い越し高は前年を9%下回り、101 トンから93 トンとなりました。
  • 金地金およびコインの総需要は前年を21%下回り、312 トンから246 トンとなりました。
  • ETF からの流出は、前年同期が120 トンであったのに対し、今四半期は41 トンとなりまし た。
  • 宝飾品の総需要は前年を4%下回り、556 トンから534 トンとなりました。
  • テクノロジー関連の需要は前年を5%下回り、103 トンから98 トンとなりました。
  • 総供給は昨年同期1,129 トンから7%減少し1,048 トンとなりました。

トムソンロイターGFMS の提供する総合データを掲載した『The Q3 2014 Gold Demand Trendsreport』 はhttp://www.gold.org/supply-and-demand/gold-demand-trends でご覧いただけます。またビデオ でもご覧いだけます。

お問い合わせ先

ワールド ゴールド カウンシル

津金 眞理子/森田 隆大
T 03 3402 4811 
E mariko.tsugane@gold.org
   takahiro.morita@gold.org

エデルマン・ジャパン

リン/仲里 真希
T 03 6858 7711
E ginger.lin@edelman.com
   maki.nakazato@edelman.com

ワールド ゴールド カウンシルについて
ワールド ゴールド カウンシルは、金市場の育成を目的とする組織です。投資、宝飾、テクノロジー、政府関連分野において、 金に対する持続的な需要を喚起するためのリーダーシップ活動を行っています。

ワールド ゴールド カウンシルは、金市場に関する真の洞察力を生かし、金をベースにしたソリューションやサービス、市場の 育成を行っています。こうした活動を通じ、金需要の構造的変化を喚起しています。

ワールド ゴールド カウンシルは国際金市場に対する洞察を提供することにより、富の保全や社会・環境面で金が果たせる役 割についての理解を深める活動を行っています。

ワールド ゴールド カウンシルは世界の主要金鉱山会社をメンバーに持ち、英国本部のほかインド、アジア、欧州、米国など にオフィスを有しています。