ゴールド・デマンド・トレンド2015年第3四半期

Published 16th December 2015

Categories: Investment, Technology

Download (pdf, 1.42 MB)

2015年第3四半期の金需要は前年同期から8%拡大して1,121トンに達しました。2015年第3四半期は2つの期間に明確に分かれました。前半ではETF(上場投資信託)からの流出を含む複数の要因が価格低下に寄与し、世界中での消費者需要増大を引き起こしました。後半には投資家の戦略的な動きによって8月と9月にETFへの穏やかな流入が生じ、価格を再び押し上げました。

投資需要は27%増の230トンへとこの四半期に大きく増加しました。金地金とコインの購入は前年同期から3分の1ほど増加し、特に欧米市場で大きく拡大しました。米国での金地金とコインへの需要は過去5年間で最大に達し、207%増の33トンとなりました。欧州でも大きな投資需要が見られ35%増の61トンとなりました。中国での投資需要は70%増の52トンに達し、インドの投資需要は2014年第3四半期以来初の増加に転じ、前年同期比6%増の57トンになりました。宝飾品需要は、前年同期の594トンから6%増加して632トンでした。7月と8月の価格低下が、インド、中国、米国、および中東の消費者に購入機会を与えました。これはインドにおいて特に顕著であり、祭礼に伴う購入が前倒しされたことも一因となり、今四半期全体の需要は15%増の211トンに達しました。中央銀行による買い入れは過去最高だった2014年第3四半期に迫る175トンに達した。総供給はわずかに拡大し、前年同期比1%増の1,100トンでした。鉱山業界が積極的なコスト管理とオペレーションの最適化を引き続き進めることにより、長期的に供給が抑制されると予想されます。