ゴール・ドデマンド・トレンド2013年第2四半期

Published 15th August 2013

Categories: Supply and demand, Jewellery, Investment, Technology, Reserve asset management

Related documents 1 Download (pdf, 673.17 KB)

1 Available in , , , .

2013年第2四半期は、金にとって激動の四半期であった。一方で、前四半期から兆候のあった、あるセクターの需要増加が別のセクターの需要減少を相殺するという金市場独特の自律的均衡作用も顕著となった。本レポートでは、宝飾品に対する消費者需要の持続的回復、際立つインドと中国、投資分野の異なる投資家層による分散、西から東へのシフトについて解説する。

第2四半期の世界の金需要は856.3トン( 金額ベースで390億米ドル)で、前年同期比12%の減少となった。宝飾品分野は数年来の高水準を記録し、金地金・金貨の需要額は四半期ベースで過去最高を 記録し、金ETFからの流出分を相殺した。消費者需要は、中国とインドによって牽引され、中国・インドを合わせ宝飾品需要では60%、投資需要では50%を占めた。各国中央銀行の当該四半期の需要は71トンとなり、10年連続での買い越しとなった。一方、供給サイドは、リサイクルの減少により合計の供給量は前年比6%減の1025.5トンとなった。