中国の金市場:その歩みと展望

Published 30th June 2014

Categories: Investment

Download (pdf, 3.66 MB)

中国の民間金需要は、現在の1132トンから20%増加し、2017年には少なくとも1350トンになると予想しています。中国の金需要は 2013 年に記録的なレベルに達し、中国は世界最大の金市場となりました。2014 年は小休止となりそうなものの、その後はさらに継続的な成長が続きそうだと述べています。

本レポートでは、中国で金市場の自由化が始まった1990 年代後半以降に、中国を世界最大の金の生産・消費国に押し上げた各種要因を分析しています。また需要の急増にもかかわらず、今後、経済の短期的な鈍化があっても、金市場が拡大を続けると予想される理由も解説しています。