Research library

Displaying 1 - 10 of 72

Published:

金:最も効果的な コモディティ投資

「リフレ」はコモディティにとっては 良好な局面であり、金にとっては格好の局面かもしれない。

現在の世界経済の見通しでは、経済状況は好転し、インフレ率や金利の上昇が期待されています。さらにはコモディティの供給不足も予想されており、コモディティ自体のパフォーマンスを下支えしそうです。この期待は、投資家がコモディティへの資産配分を拡大しているという事実の裏付けもあり、より説得力のあるものになっています。1 一方、広範囲にわたるコモディティ投資は、収益や投資対象の分散化の原資としてよく利用されますが、その効果は戦術的なものになりがちです。

Sectors: Investment

Published:

ゴールド・デマンド・トレンド 2018年第1四半期

2018年は滑り出し低調: 第1四半期に需要が7%縮小
金需要は973.5トンとなり、第1四半期としては2009年以降で最低水準となりました。金価格が小動きに終始したこともあり、金地金や金を裏付けとするETFに対する投資需要が落ち込んだことが需要を押し下げる主因となりました。

Sectors: Market insights, Supply, Gold production, Recycling, Demand, Jewellery, Investment, Technology, Central banks/official inst.