戦略的資産としての金の重要性-日本版

金は、投資対象、準備資産、贅沢品、テクノロジー部品など多種多様な需要に支えられています。そして非常に流動性が高く、誰の債務でもなく、信用リスクを伴わず、希少性があり、歴史的に価値を維持してきました。

ゴールド・デマンド・トレンド 2018年第1四半期

2018年は滑り出し低調: 第1四半期に需要が7%縮小
金需要は973.5トンとなり、第1四半期としては2009年以降で最低水準となりました。金価格が小動きに終始したこともあり、金地金や金を裏付けとするETFに対する投資需要が落ち込んだことが需要を押し下げる主因となりました。

オルタナティブ投資のパフォーマンス強化には金が有効

年金基金、基金、保険会社、ソブリンウェルスファンド(SWF)といった長期保有を前提とする投資家は近年、分散投資とリターン拡大を図るために、オルタナティブ資産 1への投資を徐々に増やしています。「オルタナティブ」資産がポートフォリオに占める割合は 2000 年には 1 桁台でしたが、SWF で 23%、世界の年金基金で 24%にまで上昇しています 。

ゴールド・デマンド・トレンド 2017 年第 2 四半期

第 2 四半期と上半期の金需要、ETF への流入減速により縮小 - 第 2 四半期の金需要は前年同期の水準を 10%下回る 953.4 トン、上半期の需要は 14%縮小し 2,003.8 トンでした。前年同期に比べ減少となった背景には、2016 年に ETF(上場投資信託)への流入が過去最高を記録したことがあります。ETF の需要は昨年の上半期に急騰した後、急減速しています。中央銀行の上半期の買い越し量も-3%と小幅ながら減少し、176.7 トンでした。一方、金地金・金貨への投資と宝飾品需要はいずれも増加しましたが、後者は長期的に見ると依然低調です。テクノロジー分野の需要は微増に留まりました。

ゴールド・デマンド・トレンド 2017年第1四半期

2017年第1四半期の世界の金需要は前年同期から18%減の1,034トンでした。上場投資信託(ETF)への流入は109トンで、堅調ではあったものの過去最高だった前年同期に比較すると低い水準に留まりました。各国中央銀行からの需要が低迷したことも需要減の一因となりました。ただし金地金とコインへの投資は前年同期比9%増の290トンと好調で、宝飾品とテクノロジーの両セクターにおける需要はやや増加した。