ゴールド・デマンド・トレンド 2022年第1四半期

2022年第1四半期の金需要は、ETFへの力強い流入が牽引して、前年同期を34% 上回りました。

2022年第1四半期は、米ドル建て金価格が8%上昇するなか、金需要は1,234トンと前年同期比34%増加しました。これは2018年第4四半期以来の高水準で、過去5年平均の1,039トンを19%上回ります。

金:最も効果的な コモディティ投資

「リフレ」はコモディティにとっては 良好な局面であり、金にとっては格好の局面かもしれない。

現在の世界経済の見通しでは、経済状況は好転し、インフレ率や金利の上昇が期待されています。さらにはコモディティの供給不足も予想されており、コモディティ自体のパフォーマンスを下支えしそうです。この期待は、投資家がコモディティへの資産配分を拡大しているという事実の裏付けもあり、より説得力のあるものになっています。1 一方、広範囲にわたるコモディティ投資は、収益や投資対象の分散化の原資としてよく利用されますが、その効果は戦術的なものになりがちです。

戦略的資産としての金の重要性 日本版

金は、投資対象、準備資産、宝飾品、テクノロジー部品など多種多様な需要に支えられています。そして非常に流動性が高く、誰の債務でもなく、信用リスクを伴わず、希少性があり、歴史的に価値を維持してきました。

ゴールド・デマンド・トレンド 2018年第1四半期

2018年は滑り出し低調: 第1四半期に需要が7%縮小
金需要は973.5トンとなり、第1四半期としては2009年以降で最低水準となりました。金価格が小動きに終始したこともあり、金地金や金を裏付けとするETFに対する投資需要が落ち込んだことが需要を押し下げる主因となりました。