Research library

Displaying 21 - 30 of 65

Published:

トルコ:活躍する金

トルコは世界第4位の金消費国で、世界の消費者需要の約6%を占めています。同国の過去10年間の金消費量は年平均181トンでした。ワールド ゴールド カウンシルの推計によると、少なくとも3,500トンの金がトルコの家庭の「枕の下」に蓄えられています1。このレポートでは、バリューチェーン全体で金が果たす役割を探るとともに、トルコ経済における金の貢献度を評価していきます。

Sectors: Investment

Published:

ゴールド・デマンド・トレンド2015年第1四半期

第1四半期は総じて落ち着いており、世界の金需要は1%減少して1,079.3トンとなりました。宝飾品需要では、インドや米国の需要拡大が全体の小幅減少を食い止められませんでした。小幅ではあるもののETFへの資金流入は2012年以降初めてであり、投資需要を押し上げました。

Sectors: Investment, Jewellery, Technology

Published:

ゴールド・デマンド・トレンド2014年年間

2014年の金の年間需要は3,923.7トン(2013年は4,087トン)となった。前年比4%の下落だが、消費者需要が熱狂的に膨れ上がった昨年との対比ゆえ驚くべきことではない。供給サイドは、ほぼ横ばいの4,278.2トンであった。新規鉱山生産量が伸びる一方で、リサイクル金の供給量が過去7年間で最低となった。

Sectors: Investment, Jewellery, Technology

Published:

金の特性-外見は金属、本質は通貨

本レポートでは、コモディティについて、また、金と他のコモディティとの違いについて、詳細な分析を行った。その結果、1)コモディティは、ポートフォリオのパフォーマンスにとり、重要なツールであることが分かった。さらに2)金については、ひとつの資産クラスとして扱うべきであるとの結論が得られた。

Sectors: Investment

Published:

金価格の決定要因

“Determinants of the Price of Gold” (Japanese only) 本レポートは、金の価格を決めているのは何かという問いに答えている。金価格に影響を与える要因について、包括的にかつ理論的な分析を試みたもので、定量モデルを用いた分析、および需要・供給と金価格の関係についての分析を行った。

Sectors: Investment

Published:

中国の金市場:その歩みと展望

中国の民間金需要は、現在の1132トンから20%増加し、2017年には少なくとも1350トンになると予想しています。中国の金需要は 2013 年に記録的なレベルに達し、中国は世界最大の金市場となりました。2014 年は小休止となりそうなものの、その後はさらに継続的な成長が続きそうだと述べています。

Sectors: Investment