The World Gold Council is a leading authority on gold and its uses. Our research provides comprehensive analysis of the industry, giving decision makers and stakeholders the information they need to understand the dynamic drivers of the gold market.

Featured report:

Guidance for Monetary Authorities on the recommended practice in accounting for gold

Published 20th April 2017

Monetary authorities hold gold in the performance of their official functions, typically as part of the country’s official reserves. This functional purpose differs from the objectives of other entities who hold gold. Monetary authorities also commonly hold gold in much larger quantities than other entities. General purpose financial reporting frameworks lack appropriate guidance on accounting for gold, in particular for the gold classified as monetary gold, held by monetary authorities.

Categories: Investment, Reserve asset management

View packageDownload (pdf, 113.26 KB)

Research archive: showing 1-10 of 44 documents

Results per page:

Pages

Published 7th March 2017

2016年通期の金需要は2%増の4,309トンとなり、2013年以来最高の水準に達しました。これは主に今後の金融政策、地政学的不確定要素、およびマイナス金利に対する懸念のため、投資家からのETF(Exchange Traded Funds)への資金流入が、史上第2位となる532トンに拡大したことによるものでした。

Published 19th December 2016

2016年第3四半期の金需要は前年同期比10%減の993トンとなりました。ETPへの純流入が投資需要の急増をもたらしましたが、これは他の分野、特に宝飾品と中央銀行からの需要低下を相殺するには至りませんでした。

Categories: Supply and demand

Published 25th November 2016

「ゴールド インベスター」秋号をご覧くださり、ありがとうございます。 2016年が終わりに近づきましたが、マクロ経済および政治におけるリスクは、かつて例を見ないほど高まっています。

Categories: Investment

Published 11th August 2016

2016年第2四半期の金需要は前期からの流れを引き継ぎ、ETF(上場投資信託)に多額の資金が流入した一方で、価格上昇を背景に宝飾品需要が低迷しました。総需要約1,050トンのうち、投資需要が2四半期連続で最大のカテゴリーとなりました。金価格も米ドル建てで25%上昇し、上半期の上昇幅として1980年後で最高を記録しました。

Published 15th June 2016

2016年第1四半期の金需要は前年同期から21%拡大し、1,290トンとなり、四半期の需要としては過去2番目の水準となりました。この増加は不安定な経済と金融市場の不透明さへの投資家の懸念に伴い、ETF(上場投資信託)への大きな流入が生じたことによるものです。同時期に宝飾品需要は19%低下しましたが、これは価格高騰とインドでの業界ストライキ、ならびに中国経済の減速のため消費者の多くが購入を遅らせたことが原因でした。

Published 28th April 2016

マイナス金利で金の運用益が倍増 金融政策は、未だかつて例のない新たな局面に差し掛 かっています。

Categories: Investment

Published 22nd March 2016

2015年第4四半期の金需要は4%(47トン)増加し、1,117.7トンでした。中央銀行による購入の増加分(33トン)が全体の増加の大半に寄与しました。宝飾品とテクノロジーの需要はやや弱く、それぞれ6トンずつ減少しました。鉱山生産量は16トン減と、2008年以降で初めて前年同期を下回りました。リサイクルは引き続き縮小しました。

Published 16th December 2015

2015年第3四半期の金需要は前年同期から8%拡大して1,121トンに達しました。2015年第3四半期は2つの期間に明確に分かれました。前半ではETF(上場投資信託)からの流出を含む複数の要因が価格低下に寄与し、世界中での消費者需要増大を引き起こしました。後半には投資家の戦略的な動きによって8月と9月にETFへの穏やかな流入が生じ、価格を再び押し上げました。

Published 31st July 2015

トルコは世界第4位の金消費国で、世界の消費者需要の約6%を占めています。同国の過去10年間の金消費量は年平均181トンでした。ワールド ゴールド カウンシルの推計によると、少なくとも3,500トンの金がトルコの家庭の「枕の下」に蓄えられています1。このレポートでは、バリューチェーン全体で金が果たす役割を探るとともに、トルコ経済における金の貢献度を評価していきます。

Categories: Investment

Published 18th June 2015

第1四半期は総じて落ち着いており、世界の金需要は1%減少して1,079.3トンとなりました。宝飾品需要では、インドや米国の需要拡大が全体の小幅減少を食い止められませんでした。小幅ではあるもののETFへの資金流入は2012年以降初めてであり、投資需要を押し上げました。

Pages

Results per page: